エキサイトイズム

失われたものは失われるべくして失われたのだ。

こんにちは、R-STOREの浅井です。

「昔はこうだった。今はそれが失われている。それを取り戻す必要がある。」というロジックを良く耳にするが、これは本当なのか疑わしいと最近よく思う。
例えば「日本からはコミュニティが失われた。再生する必要がある。」「郊外に大きなSCが出店したせいで中心市街地の活気が失われた。再興する必要がある。」「家族の関係が希薄になっている。再び繋ぐ必要がある。」など。これは本当だろうか?
そもそも、「失われた」ということが疑わしい。本当に失われているのだろうか?失われたとしたら、それは不味いことなのだろうか?

コミュニティが失われた。確かに昔の「ムラ」のようなコミュニティは失われたかも知れない。でも昔には無かったSNSのような新しいかたちのコミュニティが表れている。例えば3.11で大きな被害を被ったエリアでは、コミュニティの欠落がその後の復興の足かせになっているというような文脈で語られる場面を良く目にする。でも、古き良きコミュニティが残っていた時代にはSNSは無かった訳で、あれほど世界中の多くの方々から支援の手が差し伸べられることは無かったように思う。

中心市街地の活気が失われた。でも、SCに活気があるではないか。活気が無くなったのではない。活気の場が移動しただけだ。それは悪いことか?

家族の関係が希薄になっている。確かに大家族はなくなった。でも、携帯電話やskypeなどの登場で、僕自身に限って言えば、親や祖父母とのコミュニケーションはむしろ増えている。

失われたわけではない。カタチを変えているだけなのだと思う。

もっと過激に言えば、新しいものに古いものが淘汰されただけだ。ある種の自然の摂理のようなものだ。コミュニティは直接的なものから、画面を通して行われるようになった。その方が便利だし頻度も高まる。だからこそ、直接的なコミュニティは淘汰された。

郊外のSCの方が便利だから中心の商店街は淘汰された。それだけだ。自然淘汰に手を差し伸べて助けては生態系が乱れる。放置しておけば、勝手に中心市街地の賃料は下がり、新たなビジネスが成立する土壌は整備されるだろう。放っておけば良い。

大家族は淘汰された。大家族で住む事の合理性がテクノロジーによって置き換わったからだ。

「再生させる」とか「取り戻す」という言葉には、とてもロマンチックな響きがあって、素敵な事をしているかのような錯覚に陥る。しかしそれ自体が目的化してしまったとき、その行為はとてつもなく前時代的になる。そもそも前時代的だから淘汰されたということを理解することから始めなければならない。放っておけば良い。再生するときは再生するし、戻ってくるときは戻ってくる。しかも、そのときは新しいカタチで、より強くなって戻ってくると思うのだ。たとえは悪いが、抗生物質に耐性を持つウィルスが誕生するように。

「地方に元気を取り戻す!」とか言ってる国会議員をみて、「何だかなー」とすごい違和感を感じてしまったものですから・・・、一応現時点での僕の考えを書き留めておきます。

R-STORE浅井

by r-store_asai | 2013-04-24 13:35 | ブログ


リノベーション、デザイナーズ、改造OK,賃貸住宅のセレクトショップR-STOREのハンサム社長浅井佳が綴る、住宅やライフスタイルのこと。


by r-store_asai

プロフィールを見る
通知を受け取る

リノベーション・デザイナーズ改装自由、面白くておしゃれな賃貸不動産がいっぱいです。
R-STORE
http://www.r-store.jp

ブログパーツ

最新の記事

ブログを移動しました。
at 2015-03-11 12:25
イデーの同期が素敵なボタニカ..
at 2015-02-25 14:05
不動産屋のブランディング
at 2015-02-18 11:40
aRts STOREリスタート。
at 2015-02-11 13:13
繁忙期の不動産屋が契約を急ぐ..
at 2015-02-04 18:37

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

カテゴリ

ブログ
ハンサムなもの
ハンサムな家
不動産屋
建築
経営

その他のジャンル

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム