エキサイトイズム

23人の会社の社長業ってなんだろう?

こんにちは。R-STOREの浅井です。

どうやら、創立5周年を迎えた今年の年末は社員総勢23名で終えることになりそうである。
23名。5年前の9月に1人で始めた会社、4年前に2人になり、3年前に3人になり・・・と考えると大きくなった。来年にはもう一人加わる。
売上も今のところは順調に伸びている。もちろん多くの課題を抱えてはいるが、何をやるべきかはわかっている。それを粛々と続けることを続けていく。

この5年間で一番大きく変わったのは人に対する自分の接し方であろう。
片手で数えられる社員数だったころは、一人一人とのコミュニケーションは濃密だった。自分もわからないことが多かったし、一緒に考えて、一緒に仕組みを作ったりした。

それが両手を超えてきて少し変化した。当然自分は一人しかいないし、時間は有限なので各人とのコミュニケーションの時間は薄まる。一方でその分を所謂飲みュニケーションで補ったりしていた。オフィスでの対話が減った分、居酒屋での対話が増えて、そんな中から新たな仕組みや制度が生まれた。この頃ジョインしてくれたメンバーは、僕と話す機会も多かったし、その中でいろんなことが決まるから、まだまだ各人が主体的に会社に関われているという感覚が明確にあったと思う。今の会社の基礎ができたのはこの時期だ。

そして今のフェーズ。飲みニュケーションも限界を迎えている。メンバー各人と濃密な対話を行うことは物理的に難しくなりつつある。自分の肝臓との対話も必要だ。そこで中間管理職をつくった。チームを分けることで、管理職であるマネジャーとメンバーとの対話を多くする。僕だけでは既にできなくなっていた個々人の問題把握や解決、各人との対話をマネジャーに任せる。その上で僕とマネジャーが対話を持つ。コミュニケーションロスを無視すれば(無視できないけど)、僕が個々人と話をするのと同じ効果があるはずである。

正直、個々人が抱えている問題は狙いどおり今まで以上にクリアになっていると思う。マネジャーからの吸い上げも上手くいっている。僕の中では今まで通り、むしろ今まで以上に上手くいっているように思う。

しかし、視点をメンバー個々人に移してみたときにどうだろう?
既にこのフェーズに入ってからジョインしたメンバーに関しては、おそらく「こういう会社だ」という感じ方になるはずである、一旦は現在の状況を消化した上でどう会社に対して、僕に対してアプローチするかを考えるはずである。

では、飲みュニケーション時代を知るメンバーにとってはどうだろう?今までフラットであった組織にヒエラルキーができた。マネジャーを通して意見を言わなくはいけないことで見えない壁ができた。浅井と飲みにいく時間が減った。結果として、主体的に会社に関わっている感覚が感じられなくなった。そんな風に感じるのかもしれない。

もし今後もメンバーが増えていくとしたら、飲みニュケーションを知るメンバーは相対的にマイノリティになっていくから、これは会社の変化の過程の一部としてスルーして良いという選択肢もあるだろう。我々がどこにも負けない、オンリーワンのプロダクトをつくるメーカーだったら、そういう考えを僕もしたかもしれない。人がいなくても商品が勝手に営業してくれる。そんな環境であればそうしたかもしれない。Appleはウォズを失っても世界一の会社になったのだ。

でも、賃貸用不動産という誰にでも扱うことができる、差別化できない商品を扱う我々にとって持っている財産は人でしかない。それしかない。だからこそ今までもできるだけコミュニケーションを大事にしてきたつもりだし、いまさらスルーという選択肢はない。人こそが経営の根幹だからだ。

どんな方法が最善で望まれるものなのかはわからないのだけれど、マネジャーが日々の業務を請け負い、僕に少し自由時間を与えてくれた分、社員とのコミュニケーションにその時間を回していくつもりだ。今のフェーズでは、それこそが社長業であるような気すらしている。

とりあえず、来年の頭、1月5日の仕事はじめに、全社員でフリーディスカッションをすることにした。議題も議論の方法もメンバーが決める。何を聞いても良い。何を議論しても良い。批判も要望も意見も何でもありだ。社長からの一方的な訓示ではなく、全員のフリーディスカッションから新年を始める。対話とコミュニケーションを重視する我々の会社の新年の始まりとしてふさわしい企画であるように思う。このディスカッションをやろうという発案もメンバーから出たものであることは嬉しい。

どんな意見がでるのか今から楽しみである。

R-STORE 浅井

by r-store_asai | 2014-12-10 12:35 | 経営


リノベーション、デザイナーズ、改造OK,賃貸住宅のセレクトショップR-STOREのハンサム社長浅井佳が綴る、住宅やライフスタイルのこと。


by r-store_asai

プロフィールを見る
通知を受け取る

リノベーション・デザイナーズ改装自由、面白くておしゃれな賃貸不動産がいっぱいです。
R-STORE
http://www.r-store.jp

ブログパーツ

最新の記事

ブログを移動しました。
at 2015-03-11 12:25
イデーの同期が素敵なボタニカ..
at 2015-02-25 14:05
不動産屋のブランディング
at 2015-02-18 11:40
aRts STOREリスタート。
at 2015-02-11 13:13
繁忙期の不動産屋が契約を急ぐ..
at 2015-02-04 18:37

以前の記事

2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月

カテゴリ

ブログ
ハンサムなもの
ハンサムな家
不動産屋
建築
経営

その他のジャンル

Copyright © Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプBB.exciteWoman.exciteエキサイト ホーム